リハビリテーション部

理念

病気や怪我等により障害を持つ方々に対し、決してあきらめることなく前向きなリハビリテーション医療を提供し、患者様やそのご家族のニーズに答え笑顔を取り戻すために全力をつくします。


基本方針

すべてのスタッフが全力で患者様の笑顔を取り戻すために様々な治療法を駆使し、患者様の立場に立ったリハビリテーション医療を提供します。

リハビリテーション部


■副院長 田岡 祐二

taoka.jpg

資格

日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会指導責任者
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ専門医
日本整形外科学会脊椎指導医
日本脊髄病学会専門医
中部日本整形災害外科医学会評議員
徳島大学医学部整形外科非常勤講師


専門分野

整形外科
リハビリテーション科




■理学療法部門


失われた身体機能面の回復だけではなく、様々な生活場面を設定し、退院後の生活を想定しながら治療を行っています。そして、患者様それぞれのご要望に合わせてご本人だけではなくご家族との連携を十分に取りながら、リハビリ目標設定を一緒に考えていきたいと思います。




■作業療法部門

様々な作業活動を通して、筋力や関節の動き、耐久性などの維持・向上を図ります。さらに、身の回りの動作(食事・着替え・トイレ動作など)についてその人にあった適切な方法を練習します。そして、ご家族様へ介助の方法を指導したり、病棟と協力しながら日常生活で自分でできる活動を増やしていきます。


■言語聴覚士部門

言語聴覚士部門

言語聴覚療法は言語聴覚障害の検出・鑑別を行い、その重症度や病態を評価し、全身状態・社会状態を考慮した言語聴覚機能の獲得・回復を目的とした訓練を行っています。また、「食べる」「飲む」といった摂食・嚥下機能の改善に向けた訓練、指導を行い誤嚥性肺炎の予防や、適切な食形態の食事提供を心がけています。



リハビリテーション部 資格、学会発表 こちらをクリックして下さい。⇒リハビリテーション部 資格、学会発表.pdf

ページトップへ