病棟のご案内

病棟のご案内回復期リハビリテーション病棟医療 / 介護療養病棟


病棟(個室・大部屋)

【 個室 】洗面所・トイレ等を完備しております。



【 大部屋 】



回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーションとは?

脳血管障害、大腿骨頚部骨折、人工関節術後や外科手術後の廃用症候群などの患者様に対して、日常生活動作の向上による寝たきり防止と在宅復帰、社会復帰、家庭復帰を目的としたリハビリを提供させていただく施設です。
当院では、医師、薬剤師、看護師、リハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)、介護福祉士、社会福祉士等が患者様を中心としたひとつのチームとして支援を行い、一日も早く安心して在宅で生活できるよう、移動動作能力の獲得はもとより、更衣動作や排泄動作、入浴動作等に関しても積極的にアプローチし、さらに住宅改修等にもケアマネージャーをはじめ、担当のリハビリスタッフが患者様個人に合わせた提案をさせていただきます。

回復期リハビリテーション対象者

・脳血管疾患、脊髄損傷等の発症または手術後2ヶ月以内の状態

・大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折または手術後2ヶ月以内の状態

・外科手術または肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術または発症後2ヶ月以内の状態

・大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経・筋・靱帯損傷後1ヶ月以内の状態


退院後の体制

退院前に主治医やリハビリスタッフ、ケアマネージャーとの連携により福祉用具の貸与や住宅改修のアドバイスを行います。また、退院後のリハビリも外来通院によるリハビリだけではなく、介護保険を利用できる方には、通所リハビリの利用や通院が困難な方には理学療法士や作業療法士がご自宅へ伺いリハビリをいたします。


実績

  脳血管疾患 整形外科疾患 廃用症候群 入院患者様合計 在宅復帰患者様 合計 在宅 復帰率
平成20年度 19人 20人 13人 52人 37人 71%
平成21年度 23人 38人 21人 82人 65人 79%
平成22年度 26人 52人 25人 103人 87人 84.5%
平成23年度 29人 56人 10人 95人 87人 87%
平成24年度 47人 60人 15人 122人 88人 72%
平成25年度 52人 54人 8人 114人 87人 76%

実習生の受け入れ

理学療法学科年間20名程度
作業療法学科年間6名程度
徳島文理大学・心理学科 年間4名程度


医療 / 介護療養病棟

医療/介護療養病棟とは?

介護病棟は介護保険認定を受けられた方のなかで介護度1~5の認定を受けた方がご利用になれる介護保険専用の施設です。
医学的管理を基盤とした療養介護が主となり、その中でリハビリなども行います。介護療養型病床に入所されている間に医療的処置が必要になった場合でも併設の医療療養型病床に転床し治療を受けていただくことができます。
医療病棟は急性期~回復期の医療を終了した後も、療養継続する必要がある患者様の為に用意された病棟です。 医療保険適応です。


療養対象者

・医療必要度の高い患者様(常時観察が必要な方など)

・症状が安定しているものの、長期に渡り療養が必要な要介護者

・慢性疾患の方


退院後の体制

回復期と同様の支援をさせて頂きます。

ページトップへ